最近チェックした商品

カテゴリ一覧

  • 大口購入専用ページ
  • メルマガ登録
  • お探しの商品が見つからない方
  • GORIX販売店募集
  • スタッフ募集
  • お取引先様募集
  • タイヤ交換方法
  • バーテープ巻き方
  • サイクリングを安全に楽しむために
  • ロングライドに適したタイヤ
  • WOタイヤHEタイヤ見分け方
  • ヘッドセットの種類と互換性
 

サイクルライフを安全に楽しむために

安全にサイクリングをたのしむために

最近よく見かけるスポーツバイク。一方、未熟な初心者が招く事故も増えているとの情報も。 安全にサイクリングを楽しむために、事前準備や装備の確認を心がけましょう。必要な道具を揃え、 安心したサイクルライフをスタートさせましょう。

安全なサイクリングの為の3種の神器

ゲージ付きフロアポンプ ヘルメット ライト

1 出発前には適正空気圧をチェックしよう

サイクルライフを快適そして安全に走るために必要不可欠な事の1つが「適正空気圧」まで空気を入れることなんだ。 当然の事なんだけどタイヤの空気は微量ながら自然と抜けているんだ。空気圧が低い状態で走ると摩擦でタイヤが痛むのがはやくなるんだ。そしてペダルを漕ぐのが重くなり身体にも負担がかかるんだよ。

ゲージ付きポンプの容易

適正空気圧まで空気を入れるために欠かせないものが、 空気圧がわかるゲージ付きのフロアポンプです。 ただ空気をマンタンにするわけではありません。タイヤには それぞれ「適正空気圧」というものがあります。ゲージ付き フロアポンプは「適正空気圧」まで空気が入ったかを確認 するための重要なアイテムです。

適正空気圧の分かる場所

大抵の場合は「適正空気圧」はタイヤの 側面に書かれています。
(例)
MIN.75-MAX.100 P.S.I. 5.0-7.0 BAR 500-700 KPA

「仏式」「米式」「英式」を見分けよう

適正空気圧まで空気を入れるために欠かせないものが、 また、バルブ(タイヤに空気をいれる部分)には「仏」「米」「英」の3種類あります。その形状によってそれぞれに合った空気入れが必要になり、ポンプの先端部分とバルブの形状部分を合わせましょう。(複数のバルブに対応する兼用の空気入れもあります)

ロードバイクやMTBの他、スポーツ車に採用されているタイプ。 車やバイクと同形状の。MTBや一部のスポーツ車で採用。 シティ車や、スポーツ車のエントリーモデルなどに多く採用。
おすすめポンプ

ヘルメットは重要なアイテム。

「ヘルメットの安全性」

ショップ側から薦められても、いまいち購入を後回しにしがちなヘルメット。しかし、ヘルメットが転倒したときの衝撃を大きく軽減してくれる構造に設計され、あなたの身代わりになり頭部を保護してくれます。

こんなにすごいヘルメットの構造

落車した時に、頭部を守ってくれたヘルメットを見ると、ぶつかった場所が割れていたり破損している所をみたことはないだろうか?この現象を詳しくいうと、ヘルメットのライナーは、発泡スチロールから出来ており、強い衝撃が加わるとへこむ又は壊れることにより、衝撃エネルギーを吸収し分散させるのである。

ヘルメットの正しい着用法

耳部分までの左右の紐の長さを同じ長さに合わせて、おでこがでないように、深くしっかり被る。このとき深く被り過ぎないように注意して下さい。後頭部が危ないです。 そして、顎の下に 指2本程度入るのを目安に紐の長さを調節して下さい。

正しいヘルメット着用法
おすすめポンプ

前はホワイト・後ろレッドがライト装着の決まり

視界の良くない状況(霧など)や夜に走行する時には、ライトは必要不可欠 なアイテムなんだよ。都心ではそこまで暗いと感じることは無いかもしれない けど、 道が見えるからといって他の車(自動車、バイク、トラックなど)があなたを視認できるとは限らないよね?。ライトは暗い道を明るくする。そして、自分を 周囲に認させるという重要な役割を持ってるんだ。

ライトの装着についての基本

前方にはホワイトライト 後方にはレッドライト

たまに、色に構わず、前に赤色灯を使ったり、後ろに白色ライ トをつけたりする人もいるけど、進行方向を誤認させる可能性 があって危険なんだ。注意してね。 自動車のライトと色分けは同じで、前方は白、後方は赤!これによって自動車が自転車の進行方向を認識してるんだ。

おすすめポンプ
必ず揃えよう3種の神器
安全なサイクルライフをお楽しみ下さい

PAGE TOP

水曜日はポイント2倍