最近チェックした商品

カテゴリ一覧

  • 大口購入専用ページ
  • メルマガ登録
  • お探しの商品が見つからない方
  • GORIX販売店募集
  • スタッフ募集
  • お取引先様募集
  • タイヤ交換方法
  • バーテープ巻き方
  • サイクリングを安全に楽しむために
  • ロングライドに適したタイヤ
  • WOタイヤHEタイヤ見分け方
  • ヘッドセットの種類と互換性
 

ヘッドパーツの種類と互換性について解説

ヘッドセットとは?

ヘッドセットとは…

ヘッドセット(ヘッドパーツ)は、自転車のフレーム のヘッドチューブの上下に装着される部品で、内部の転がり軸受けを介してメインフレームとフロントフォークを連結する。この軸受によってハンドルを軽く回すことができと同時にトレイルの機能を円滑に発揮することができる。 ヘッドセットは自転車の部品の中では最も精度を求められる製品のひとつです。

ヘッドパーツの種類

ヘッドセットは4規格!

ヘッドパーツは大きく分けて、4つの規格に分類されます。

  • ノーマルヘッドセット
  • アヘッドヘッドセット
  • ロープロファイル
  • インテグラル

フレームとの接続について

フレームにより対応する規格が 異なります。

ノーマルとアヘッドは互換性あり

ノーマルとアヘッドの互換性ノーマル(別名スレッド、ねじ切り)式とアヘッド式で異なるのは主にコラムへの加工とステムの種類です。フレームのヘッドチューブ形状は共通で、ヘッドパーツ自体にもそんなに大きな差はなく(製品では、スレッド用にはコラムナット、アヘッドではアンカーナットとステム蓋及びボルトが付属するが、他の部品は全く共通である場合もある)ステム及び玉押し、上ワン蓋等の相互干渉やねじの有無などに気をつければ互換可能です。
ヘッドパーツ側にベアリングの受けがあり、トップチューブの上下にワンが出た状態になります。

取り付け方法について

  • ノーマル
  • アヘッド
  • ロープロファイル

この3点についてはワンと呼ばれる受けを専用工具によって圧入する方式となっています。

ノーマル アヘッド ロープロファイル

ロープロファイルに対応しているフレームはフレーム側の規格に適したロープロファイルのヘッドパーツのみが適合します。そのためサイズの確認は慎重にしましょう。(ロープロファイルはトップチューブの内側にベアリング受けが入り圧入されるため。)

インテグラル

インテグラルはトップチューブ形状がベアリングの受けとなっているため、圧入しなくてもよいです。ベアリングは手で装着することになります。

従来のヘッドパーツの適合について

ノーマルの適合について

従来からの規格で、スポーツ車などでは採用されることが少なくなりました。 現在はママチャリやピストバイクに採用されている規格です。 ノーマルには主に4つの規格があります。

  • ノーマルサイズ--ISO(イングリッシュ/イタリアン)
  • ノーマルサイズ-JIS
  • オーバーサイズ
  • スーパーオーバーサイズ

※スーパーオーバーサイズ2013年現在は生産されていないサイズですので説明は伏せておきます。

ノーマルサイズ--ISO(イングリッシュ/イタリアン)
  • ヘッドチューブ内径:30.2mm
  • クラウンレース外径:が26.4mm

フロントフォークの適合について

1インチ(コラム径25.4mm)のイタリアン(クラウンレース外径26.4mm)が適合します。

調整には、32mmのスパナを使用します。

ノーマルサイズ-JIS
  • ヘッドチューブ内径:30.0mm
  • クラウンレース外径:27.0mm

フロントフォークの適合について

1インチ(コラム径25.4mm)のJIS(クラウンレース外径27.0mm)が適合します

調整には、32mmのスパナを使用します。

ノーマルの適合について

ノーマルサイズのISO(イングリッシュ/イタリアン)とJISは0.2mm差のため、ノギスなどで正確に計測することを心がけましょう。スポーツバイクでは特に注意が必要です。軽快車(ママチャリ)の大半はJISです。

オーバーサイズ
  • ヘッドチューブ内径:34.0mm
  • クラウンレース外径:30.0mm

フロントフォークの適合について

1-1/8インチ(コラム径28.6mm)のJIS(クラウンレース外径30.0mm)が適合します。

調整には、36mmのスパナを使用します。

多くのマウンテンバイクに採用されていた規格です。

アヘッドの適合について

アヘッドには主に4つの規格があります。

  • ノーマルサイズ-JIS
  • オーバーサイズ
  • スーパーオーバーサイズ
  • ワンポイントファイブ

マウンテンバイクの流行と共に、広がったた規格です。 ノーマルはヘッドパーツによってフロントフォークを固定・玉当たり調整する構造ですが
アヘッド
セミインテグラル
インテグラル

はフォークコラム外部にはネジ山がなく、フォーク内部にスターファングルナットなどで雌ネジを設けてステム上部からキャップとともに雄ネジで締め付けることにより固定と玉当たり調整をします。玉当たり調整に32ミリ以上の大きなスパナが必要とせず、アーレンキーで調整が可能なのが特徴です。

ノーマルサイズ-JIS
  • ヘッドチューブ内径:30.0mm
  • クラウンレース外径:27.0mm

フロントフォークの適合について

1インチ(コラム径25.4mm)のJIS(クラウンレース外径27.0mm)が適合します。

ステムについて

コラムクランプ部1インチ(25.4mm)のアヘッドステム

コラムクランプ部1-1/8インチ・オーバーサイズ(28.6mm)のアヘッドステム

この二つどちらかににシムを組み合わせて使用します。

オーバーサイズ
  • ヘッドチューブ内径:34.0mm
  • クラウンレース外径:30.0mm

フロントフォークの適合について

1-1/8インチ(コラム径28.6mm)のJIS(クラウンレース外径30.0mm)が適合します。

スーパーオーバーサイズ
  • ヘッドチューブ内径:37.0mm
  • クラウンレース外径:33.0mm

フロントフォークの適合について

1-1/4インチ(コラム径31.8mm)クラウンレース外径33.0mmが適合します。

サスペンションフォークメーカーの「マニトウ」発祥の規格。オーバーサイズよりも大きくしたことにより、ヘッド周りの強度を高め、ロングストローク化の実現に成功しました。

ワンポイントファイブ
  • ヘッドチューブ内径:49.6mm
  • クラウンレース外径:39.8mm

フロントフォークの適合について

1-1/2インチ(コラム径38.1mm)、クラウンレース外径39.8mmが適合します。

自転車メーカーである「キャノンデール」発祥の規格であり、ヘッドショックやレフティに採用されていた規格です。

ロープロファイルの適合について

このロープロファイル(別名セミインテグラル、ゼロスタック)は、ベアリング部がヘッドチューブ内に位置し、ハンドル高さを低く抑えたり、強度が高いことが特徴です。
ロープロファイルは、使用されるベアリング形状によってフレーム側の形状が異なっおり、各社での製品のラインナップが幅広く存在し、また改廃もあり、互換性を把握することが非常に難しい。 購入時は、各メーカーのホームページやカタログ、日本の工具メーカーHOZAN のホームページなどでご確認することをおすすめします。

HOZANではロープロファイルも インテグラルの仲間に

HOZANではロープロファイルもインテグラルの一つとして区分けしていますので、ご注意ください。

ノーマルやアヘッドのようにカップをヘッドチューブに圧入しますが、ベアリング部がヘッドチューブ内に収まる設計であるため、見映えはインテグラルに似ています。 強度が高く、ヘッドパーツが交換可能で、ヘッドパーツへの負荷が高いマウンテンバイクに採用されていることが多いです。 トップチューブ内径とフロントフォークコラム外径にはそれぞれ適合するサイズを選択して下さい。

インテグラルの適合について

インテグラルは、ロープロファイル同様の特徴を持っています。ベアリング部がヘッドチューブ内に位置し、ハンドル高さを低く抑えたり、強度が高いことが特徴です。
インテグラルも、使用されるベアリング形状によってフレーム側の形状が異なっおり、各社での製品のラインナップが幅広く存在し、また改廃もあり、互換性を把握することが非常に難しい規格です。 購入時は、各メーカーのホームページやカタログ、日本の工具メーカーHOZAN のホームページなどでご確認することをおすすめします。

ロープロファイルと異なる点は、ヘッドチューブ側にベアリングの受けが位置していて、ヘッドパーツを圧入する必要がないところです。 主にロードバイクに多く採用されとても軽量です。
トップチューブ内径とフロントフォークコラム外径にはそれぞれ適合するサイズを選ぶ必要があります。

PAGE TOP

水曜日はポイント2倍