ごっつプライスのsidiシューズの通販ぺージです。今回は!wire,kaos,levelなど【シディ】を象徴するアイテムを特集で紹介しています。

5000円以上送料無料

カテゴリ早見表

SIDIは1960年創業の老舗メーカー。

SIDI(シディ)とは1960年創業にイタリアで設立されたの歴史あるシューズメーカーである。 ディーノ・シニョーリが1960年に登山靴のワークショップとして創業。 その後、70年代からサイクリングシューズとモー ターサイクルシューズの製造を開始。 両分野でプロライダーとの結びつきが強く、 彼らからのフィードバックと最先 端の技術を融合して生み出されるシューズは、 トップライダーからアマチュアサイクリストまで幅広いカテゴリーのラ イダーにフィットします。 シディのシューズには、長年にわたるシューズづくりから培われた最先端の技術を基に、 用途に応じ多彩な機能が 凝縮されています。 プロのトップライダーが認め、アマチュアサイクリストから愛される幅広いラインナップから 最適の 機能を備えたアイテムをお選びいただけます。

通販ならではのお得な価格と品揃えで。

sidiシューズを通信販売ならではのお得な価格。そして豊富な品揃えでご用意しています。sidiシューズの通販ならごっつプライス。

SIDI(シディ)のシューズ一覧

KAOS AIR

ERGO 4〜4年ぶりにモデルチェンジを果たしました。

GENIUS 6.6 の後継モデル。アウトソールがERGO 4 は TWELVE CARBON SOLE へと変化し、使い勝手が向上しました。 一番前のハイセキュリティベルクロにはロック機構が仕込まれ、走行中の緩みを防止。アッパーの素材はマイクロファイバーとナイロンメッシュを採用しています。

KAOS AIR

T4 AIR〜「T3」がマイナーチェンジ 2016年モデルは『T4』に進化しました。

ソールとシューズの表面が変わりました。 ソールは「elevenカーボンソール」から「twelveカーボンソール」へと。 硬すぎないソールで疲労を和らげながら快適なペダリングを実現しました。

KAOS AIR

KAOS AIR〜大人気モデルのKAOSに通気性を加えました。

デザインはKAOSと同じです、しかし、表面全体にパンチ加工を加えて、通気性を向上させました。シューズ内の蒸れを防ぎ 暑い季節に足の温度を快適にキープします。カオスエアー、は長時間のサイクリングにぴったりです。

SIDI ワイヤー WIRE

WIRE〜数々のトップ選手が使用するハイエンドロード用シューズ。

2013ツールの覇者クリストファー・フルーム(イギリス)やペーター・サガン(スロバキア)など数々のトップ選手が使用する「WIRE(ワイヤー)」は、ワイヤータイプの締め付け調整機構による優れたフィット感が特徴のハイエンドロード用シューズです。

「WIRE CarbonVernice」はプロ選手も多く使用するスタンダードモデルで、その名の通りワイヤー式のクロージャーシステムを採用し、細やかなフィッティングの 調整を可能としている。ソールは高い剛性を持る「Vent Carbon Sole」で、パワーの伝導効率が最大限に高められている。

WIRE(ワイヤー)は、その名の通り樹脂製のワイヤーを使用した締め付け調整機構を持つロード用シューズ。巻き取り装置を2つ設けることで、自由度の高い細 やかな調整を可能としている。リリースはワンタッチのレバー操作で簡単です。締め付け機構以外はシディのフラッグシップである「エルゴ3」とほぼ同様スペック で、足入れ感などは変わらないとのこと。通気口付きのカーボン製ソールも同じものとなります。

sidi kaos カオス

KAOS〜「WIRE」×「GENIUS5」=長距離に最適なシューズ。

走行中にも調整しやすいため、レースはもちろんブルベなどのロングライダーにも喜ばれる仕様です。そして WIRE ほど硬派なソールは必要がなく、 ベルクロでは得にくい小まめな調整を望むライダーにもお勧めです。

快適なフィットを得るための機能は惜しみなく盛り込み、 本気のレースモデル「WIRE」よりは少しマイルドに。 メーカーの説明文にあるとおり、まさに 「WIRE」×「GENIUS5」のいいとこ取りといったモデルです。調整を全てワイヤーで行うWIREと、ラチェットとベルクロを組み合わせたGENIUS 5の間を 埋めるKAOS。クロージャーシステムの選択肢を広げたことに加え、WIREに引けを取らない高級感あるルックスで人気です。

sidi 5fit

GENIUS 5fit〜1ラチェット+2ベルクロのクロージャーシステム。

「GENIUS 5-FIT Carbon」は、1ラチェット+2ベルクロのクロージャーシステムを持つ、シディのロードシューズラインナップ中ミドルグレードに当たるモデル。 高いホールド力を持つストラップや踵の適切なポジションをキープできるヒールカップなど、上位モデルに迫るホールド性能を持つことが特徴です。ソール は高い剛性を持つ「Millennium 4 Sole」を採用しているため、耐久性が高くレースにも十分に使用できるポテンシャルを持っています。

sidi 5fit mega

GENIUS 5fit MEGA〜ソールがMILLENNIUM 4ソールへと進化。

ソールがMILLENNIUM 4ソールへと進化。ナイロンとカーボン繊維のコンポジット素材で、表面にカーボン調の柄を施した新ソールです。

sidi level

LEVEL〜SIDIの新型エントリーモデル。

LEVEL(レベル)は2本ベルクロ+新開発のアジャスタブルインステップ/キャリパーバックルでフィット感を高めたSIDIの新型エントリーモデル。アッパー のメッシュ部分を廃し、SIDI自慢のソフトインステップのサイズを小さくすることなどで価格を抑えているが、それと感じさせない高級感あるルックスが 特徴だ。

ソールはKAOSに採用されたものと同じ、ナイロンのベースにカーボンファイバーを加えて剛性を高めた「MILLENNIUM 4 CARBON COMPOSITE SOL E」。水濡れや温度変化にも強く、長期間の使用においても性質が変化しにくいため、長期間の使用にも耐えてくれそう。サイズ感は上位モデルと同様です。

sidi アバストレイン

AVAST RAIN〜最強のウィンターシューズ「HYDRO GORE」に次ぐ弟分。

新モデル「AVAST RAIN」はSIDI最強のウィンターシューズ「HYDRO GORE」に次ぐ弟分。基本的には上に紹介したLEVELをベースとしており、上位モデル にも使われる「MILLENNIUM 4 CARBON COMPOSITE SOLE」やヒールカップ、そしてクロージャーシステムなどが共通だ。これに加えて荒天時や冬場の ライドに耐えうるため、様々な工夫が凝らされている。

水濡れに強い素材を使用したアッパーはくるぶしを包み込むハイカフ仕様となっており、ベロ部分も水の侵入を防ぐためにアッパーと一体化。ソールも含め てシューズ内部は全て起毛となっているため、試し履きをした程度でも暖かさをキープしてくれた。寒さの厳しい地域や冬場でも乗り込むライダー、通勤通学 で雨天でもいとわず走る方にお勧めだ。

sidi t-3 air エアー

T-3 AIR〜トランジット後の足を快適に。

トップの全面に開けられた小さな穴からフレッシュな空気を取り込み快適さアップ。 ポリアミドとカーボンファイバーを組み合わせたソ−ル。 ソール表面にもカーボンインサートして、CARBON LITEソールと比べて4.5%の軽量化に成功しています。Sidi の質の高いパフォーマンスをトライアスロンにもたらす、サイクリングイベントに必要な機能だけで構成された無駄を省いたシューズです。 Eleven カーボンコンポジットソールのすばらしい構造により、軽量ながら強度があり、 優れたパワー伝達を実現します。

sidi mtb-epic

MTB EPIC〜幅広い用途で使用が可能。

ソールは 2本ボルトのクリートも取り付けることができる、幅広い用途で使用が可能な新開発の OUTDOOR SOLEを採用。 このソールはロードシューズのようにクリートに気を遣う必要はありません。組み合わされるアッパーは、シューレースとベルクロでフィットします。 見た目はスポーティーなカジュアルシューズですが、トレイルライドやアーバンユースも OK。 自転車通勤も相性が良いですが、オススメの使い方は輪行。乗っても降りても電車に乗っても、履くものにストレスを感じることはないでしょう。

sidi その他

SIDIアイテム一覧

SIDI INFO